トップページ > JAZZ喫茶ガイド > 関西編 > JAZZ SPOT 845

JAZZ SPOT 845

お店概要

1.住所 大阪市浪速区元町1−1−20 新賑橋ビルB-1
2.最寄り駅 四つ橋線難波、近鉄難波、JR難波
3.予算 コーヒー、紅茶650 ビール700〜
4.営業時間 平日・土曜日 14:00〜23:00 日曜定休
5.CDとレコード レコードのみ
6.リクエストノート 不明
7.お店のURL http://www.jazz845.com/
情報は投稿時点の内容であり、最新の情報とは異なる可能性がございます。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
ページトップへ戻る

組合員のコメント

2010.10.2  尾谷光紀様 9/26 『Old Time』の感想
平城遷都1300年祭関連で9/5薬師寺で二胡4名・ キーボード(ヤマネコさん)・S.sax(下手な自分) で10曲の奉納演奏をしました。
そのヤマネコさんからの連絡で『Old Time』 とのタイトルでJazzを中心にしたライブがあるということで胡 蝶蘭の鉢を持って行きました。
5〜60人ほどのぎゅうぎゅう詰めで自分が最高齢(?70歳) のおっさん、トホホ・・・。でも前後左右若い女性で、 自分だけラッキー!
まずピアノの3連弾に圧倒、 美空ひばりのシングル盤560曲中の418番目の吉岡治作詞・ 原信夫作曲の「真っ赤な太陽」をまさしくジャパニーズ・ ジャズにアレンジしたセンスはベリーベリーグッド!、「 A列車で行こう」「マッシュ・ケ・ナダ」「ダイアナ」「 ダニーボーイ」「バードランドの子守唄」「家へおいでよ」 etc.・・・etc.・・・A. saxとボーカル共に一般のジャズライブとは一味違った彼女たち のフィーリングと殆ど昔聞いた曲で、 ウン十年前の頃の熱い思いが蘇り最高にHappyなひと時でした 。
当店へはクラリネットの滝川雅弘さんの時に良く行きますが、 彼はいつも灰田晴彦作曲「鈴懸の径」を塩・砂糖・醤油・酢・ 胡椒・唐辛子・大蒜他でジャパニーズジャズに料理してセカンド・ リフも入れて演奏して下さいます。
スタンダードジャズもいいですが、 もっともっと日本の曲を料理して、 プレヤーさんそれぞれ特徴のある三ツ星・五ツ星のJ. Jを聴かせて下さい。

2005.2.15 むー様のコメント
近鉄難波、四つ橋線難波駅上がってすぐ、 四ツ橋筋・千日前通り交差点東南側、 ナンバウォーク西1番出口(ブックファーストの裏)を上がって左へ5m。
本格的なJAZZの楽しめるお店があります。
昔からあったお店をそのままにリオープンしたそうで、 中身はそのまま、味のある雰囲気のお店です。
地下にあるお店で、入り口から階段を下りていくのも隠れ家的で面白いお店です。
マスターいわく、ここのオーディオは珍しいものなんだそうです。
詳しいことは845のホームページを見てくださいね。
月に1,2回行われるライブはこだわりのアーティストを呼んでのものでハイレベル!
私は2回行きましたが、クラリネットの滝川さん、ドラムの竹田さん、ピアノの中島さんはじめ、 皆さん本当にかっこよくてたまりませんでした。
チャージが比較的安いのも魅力です。
お酒好き、山好きののマスターがいて、お酒の種類もあるみたいです。(私は飲まないので良くわかりませんが)マスターは気さくな人なので結構入りやすいと思います。
軽い食事も出来るので、聴けて、飲めて、食べれて、楽しめる。そんなお店だと思います。

組合長:久々に大阪にあるお店の紹介ですね。ありがとうございます。関西出張が楽しみになりました。

皆様の投稿お待ちしております

ページトップへ戻る

アクセス

ページトップへ戻る

メインメニュー








Copyright (C) 1997-2008 copyrights.JAZZ協同組合 All Rights Reserved.