トップページ > JAZZ喫茶ガイド > 東京23区編 > 直立猿人

直立猿人

お店概要

1.住所 大田区西蒲田7丁目61
2.最寄り駅 蒲田駅 
東急ガード沿いを100mほど歩いて、2台の駐車場隣のビル3F
3.予算 ビール飲んで1000円くらい
4.営業時間 PM6〜AM2 日曜休
5.CDとレコード レコードのみ
6.リクエストノート 不明
7.お店のURL http://www.kamata-enjin.com/mainpage.html
情報は投稿時点の内容であり、最新の情報とは異なる可能性がございます。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
ページトップへ戻る

組合員からのコメント

2009年11月16日 はじめまして tadao様
Jazz大好きのオヤジです。
こちらのサイトで直立猿人のことが取り上げられているのを見てビックリしました。
私は、高校1年のころからこの店に通いはじめ、はや?35年が経ちました。
ここ数年は、年に一、二回ほどしか行くことができなくなりましたが、高校生のころは、ほぼ毎日のように通っていました。
蒲田という立地から、当時は東急沿線の高校生がたくさん来ていました。
ヒゲのマスタ−は今でも元気にしており、ここに来ると、昔の時間に戻ってしまいますね。
我が家の長男も、東急沿線の高校に通っており、そのうち、子供を連れて行ってみたいと思っています。

2007.12.15 レコードを聞かせる店!  寿限無coffee様
カウンターが5人、テーブル席が8人ほどのこぢんまりしたアットホームなジャズスポットです。マスターとジャズ談義をしながら、私の好みに合わせたLPレコードを次から次へとかけてくれました。
最近流行のカクテルジャズではなく、ビバップ、ハードバップを聞かせてくれる渋い店です。隠れスポット的で客も殆どいなくて、マスターの趣味でやっているように感じました。
30年続いているとのこと。

2003.2.16 井村重人様
 昨年暮れ、同窓会の待ち合わせに早すぎ、ガードそばを、
「こんな所にジャズ喫茶ってあるよなぁ、、、」
なんて歩いていると、「あら不思議!?」なぜか見つかる。 それが、蒲田の「直立猿人」。30年近く営業していらっしゃるとのこと。
小さく狭く、音もハッキリ言って良いとは言えない。
アンプは、前のが壊れて、昔のトランジスタのレシーバー。
でもこれが真空管みたいでやわらかい。
オーナーはヒゲの似合う、渋いおじさん。
タイムスリップしたみたいでした。
一昨年は熱海でもそんなふうに歩いていて、「湯島」と言うジャズ喫茶を見つけました。
ここも相当長い営業。おばあちゃんが、「ロリンズも、もう休めば良いのに頑張ってるねぇ」なんて、、、、あなたも頑張ってますよ!?
探せばまだまだありますね。
三軒茶屋の「Uncle Tom」もレコード中心で24年間営業してます。
ただ、学生時代と違って、経済的に豊かになったせいか、あんな音で聴いていたのかなぁ、なんて切なくなるくらいどこも音悪いですね。儲からないからしようが無いのでしょうが。
原宿の「ボロンテール」は御存じ?明治通りに面している2F。ここの音も相当なものです!?
高田馬場の「ブラウニー」ここは良い音ですよ。
昨年芝居の帰りに偶然見つけました。BIG BOXの近くです。
白山の「映画館」こちらで見つけて行きました。
オーナーのお母さまから占いをやっていただきました。近くの神社に御参りすると良いそうです。
雰囲気とてもレトロで良いですね。
また、新しいところがあったら教えて下さい。
今度は椎名町の「Take 5」是非行ってみたいと思っています。

組合長:直立猿人の投稿というよりもさまざまなジャズ喫茶の投稿といった感じですね。僕もいろいろと開拓したくなりました。

皆様の投稿お待ちしております

ページトップへ戻る

アクセス

ページトップへ戻る

メインメニュー








Copyright (C) 1997-2008 copyrights.JAZZ協同組合 All Rights Reserved.