トップページ > JAZZ喫茶ガイド > 東京23区編 > マサコ

マサコ(閉店)

お店概要

1.住所 世田谷区北沢2-20-2
2.最寄り駅 下北沢駅 徒歩3分程度
3.予算 コーヒーなら430円 ビールやカクテル、ウイスキーあり
4.営業時間 11:00〜23:30  2009年9月30日から休業
5.CDとレコード 両方あり
6.リクエストノート なし
7.お店のURL  
情報は投稿時点の内容であり、最新の情報とは異なる可能性がございます。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
ページトップへ戻る

組合長のコメント

2014.2.22のコメント
組合ページのリニューアルと言うことで、各お店のページを見直しながら執筆活動をしているのであるが、 昔の組合員からのコメントが秀逸で、ついついあちこちググッてしまい、いくらでも時間がかる。
そんな中で、マサコも検索してしまうと、まあ色々出てきますわ。
特に閉店間際にニューマサコの話が出ていたので、復活に期待を寄せる話や、閉店時の様子など様々
特に興味深かった記事にリンクを張っておきます。

下北沢経済新聞
「ジャズ喫茶マサコ」閉店 オーナーが語る、下北沢の昔・今・これから

lapiz blog
「マサコ」の撤去 引越作業を手伝う記事。歴代のウェイトレスさんの写真に心を引かれる

文士・事物起源研究家松本英明の絵文禄ことのは
マサコ再開計画にもふれている記事。マサコの写真も沢山掲載。


2002.11.20 のコメント
久々にマサコに長居しました。相変わらず客層が下北ですねえ。 写真たくさんとってきました。マサコはロゴがかわいいですね。

1997.8のコメント
マサコはJAZZ喫茶にしては一般受けが良い店です。
それは客層を見れば一目瞭然!JAZZ喫茶では珍しい若い女の人をたくさん見ることができます。
下北沢という土地柄も反映しているのか、男性も若くてシャレた客が多く入っています。 若い人が多いからかマンガが沢山あり、壁一面に並べられたマンガの量を見ると「これを読みつくすのは無理」 と思わず考えてしまいます。 特に「ゴルゴ13」はすべて揃っているようで私自身はこれを読み尽くすことを学生時代の目標として考えています。
女性がターゲットなのか、ジントニックなどのカクテルが若干置いてあり、 JAZZ喫茶にしては友達を誘いやすい店だと思います。 私自身は下北沢にはライブ活動でよく行く(POTSHOTはシェルターや屋根裏でやることが多い)ので ライブの待ち時間などにマサコに行っています。 そして、その後にはビリヤード松山に行く、というのが私のパターンです。
あと、追加情報としてマサコから近いところにコーヒーとかチョコレートとかが激安で売っている店があります。 その店でこの前イカスミの黒いパスタが売っていたのですが、非常に高かったのと気持ちが悪かったことで 買うのを断念してしまいました。誰か買ったことのある方は一報ください。

ページトップへ戻る

組合員からのコメント

2011.9.19 移転先はどちらでしょう thgmfn様
閉店したころ、丁度訪問したいという意欲が湧いたのですが、 予定がつかずズレにズレて辿り着くと、仮囲いが施され、、、。
その後いかがでしょう。
再開の予定ってどなたかご存知でしょうか。
組合長:謎です。どこかで再開してくれればうれしいのですが、うわさは聞こえてこないです。

2010.4.18 蒼様 マサコ
昨日久しぶりに下北に寄った。
マサコに行くために。
マサコは大学くらいから行っていたジャズ喫茶で コーヒーも美味しいけれど、煙にいぶされたような味のある雰囲気やスピーカーも良くって、大好きだった。
商店街を右折して坂を上っていくと嫌な予感が。。的中した。
マサコがあった場所は(工事中)の板に仕切られていて クレーンが敷地内に突っ立っていた。
知らなかっただけに、ショックだった ずっと会っていないけれど、心の中にいてくれる暖かい友人、 みたいな存在だったマサコ。
あんなあったかくって味のある雰囲気はそうそうない。
どんないきさつがあったのか詳しくは知らないけれど、 なくなってしまった事が、本当に悲しくて、 大切な友人を亡くしてしまったような、心に穴があいたような気がした。
調べたら名目上は休業、らしいけれど、再開発の一環らしい。
こうやって古いものを(再開発)の名の下にどんどん切り捨てていって、 新しくて、分かりやすく儲かるお店や物が力を持っていく、 そんな国って、貧しいなと思う。
前に何かで(自分の大切な場所が壊されるんではないかと怖い) といっていた大学生さんを思い出した。
大げさに言うと、自分と世界のつながる場所みたいな所、ってある。
そんな場所が、断ち切られていく経験が重なると、 自分の事すら大切に思えなくなるんじゃないかなと、心配になった。
古本屋さんで買った本の面白さが、少しそんな寂しさを 埋めてくれたけれど。
さよなら、マサコ。

組合長:そうですか。もうあのお店はこの世にないんですね。かなりショックです。いい味出してたんですけどね。あやあ、文化財ですよ。再開発だなんて、誰が望んでいるんだか。文化や歴史を軽視する国は滅びる。まったくもっておろかな話です。下北はPOSYだけか・・・
ああ、
まさこー
帰ってきてくれー、
俺が悪かったー
って、本当に惜しいお店がなくなりましたね。
あの喫茶店は、現若者も旧若者もみんな当たり前のように座って 融合している何とも珍しいお店だったのですが、 まったくもって残念です
田舎から出てきて、かっこよすぎる下北沢を避けていた若者が 無理して遊びに来たマサコ、
ライブ演奏前にちょっと休むのに行ったマサコ
ゴルゴ目当てに行ったマサコ
マサコの思い出は尽きません。

2009.9.27 Vott90275様  マサコ閉店
マサコは、休業というよりエリアの再開発のため今の場所での営業が難しくなったんだと思います。先週、閉店日の直前に行ってきました。
うん十年通っていたところなので、複雑な思いです。また新しくニューマサコとして開店すると案内がおいてありましたが、50数年を経たあの空間は蘇ることはありません。まあ、どんなお店になるかは楽しみではありますが。

2009.9.25 Monk様 休業
下北沢マサコ、休業です。 (2009.9.24) 寂しいですね。
ただ、移動して新店舗の話もあるようです。

2008.1.17 エバーグリーン様 まだあったなんて感激
私も、「30年ぶり・・・」のくちです。
「これって、タイムマシン・・・?」かと思うほど、変わってなくて・・・。びっくりしました。
ああ、あのへんてこな、のれん、黒い材木(?)見たいな壁。低いソファとテーブル。そして、トイレも丸いタイルの床と、大きな鏡が、変わってないよ。
この鏡には、昔、17・18歳頃の私が、写っていたのに・・・。
今の私は48歳だよ〜。
昔は、見栄張ってコンタクトして、化粧もここで、なおしてたのに・・・。今は、化粧すらしてないや・・・。
30年して、オバタリアンになってしまったなあ。
席に座ると「あの頃の、私の気持ち」を思い出しました。
彼氏もおらず・・・将来への不安とか、悩みでいっぱいだった、私。あの頃の店員のお姉さんは、不思議なほど、美しい女性ばかりで、ファッションや、髪型にずいぶんあこがれて真似したりしていました。
デザイン科の学生だった私。私のデザイン画を見て
マサコママさんが、「これが、いいわよ。」と話かけてくれたこともありました。
マサコママさんは、もう亡くなってしまったことを、店員のお姉さんに、聞きました。現在は、ご主人が経営なさっているそうです。ご主人も、ご高齢のことと、思いますがいつまでもこのままココにあってほしいお店です。私が白髪のお婆さんになっても、ココにこうしてあってJAZZを、聞きにこれたらばどんなにいいでしょ。
マサコが、不滅でありますように。感じました。30年続いているとのこと。
組合長:マサコらしいメッセージですね

2007.7.20 alpha様 再訪予定
上京の際に時折顔を出しています。
40年近く前に近所に住んでました(女子高の前のあたり)。
当時はジャズ&シャンソンという看板がかかっていました。!!確かにシャンソンも流れていました。
大学は学生が占拠してなかなか再開されず、私は暇をもて余して、昼前から夕方にかけてコーヒー1杯でずいぶん粘ったものです。ママは何も言わずに貧乏学生を見守ってくれていました。
来週上京しますので、久々に寄ってみます。
by定年間近のalpha
組合長:時代を感じさせるコメントですね

2006.3.4 yokeida様 なつかし−い
初めてマサコさんを訪れました。私は、学生時代に(今から30年位前)国分寺のmodern(今はない)というjazz喫茶で5年程バイトしていて、そこでjazzの洗礼を受けました。
下北は、行きたかったのですが、お金もなく、今回初めてといっていいほどで、マサコにいき、人肌の良さを感じて帰ってきました。requestは、halfnoteのwynton kellyとwes montgomery。
かわいい従業員の女の子が、一生懸命にリクエストについて聞いてくれるのが、ほほえましかったです。
また、寄らしていただきます。
(追伸)卵サンド ボリュ−ム 一杯でした。 beerがうまい。

2006.2.13 ムルギー様 マサコに失踪したあの人が…
高校が井の頭沿線にあったので、学校の帰りに友達とよく行きました。席はいつも一番奥左側の黒い壁(ベニヤ板だったかな)のコーナーでした。大学時代にもオープンと同時に行って、具のたくさん入った卵サンドをよく食べました。
で、そんなある日のこと、私の席の正面に他の女性客とは明らかに一線を画する(他の女性客の方ごめんなさい)美少女が座ったのです。これは意識せずにはいられません。どうしても何気ないふりをしながらも、その顔に見入ってしまいます。ウーン、何とかお友達になりたい…。
ウン!?どこかで見たことがあるような…。アッ!
当時、某小説家と失踪して仕事に穴を開け、姿をくらましていた某女優さんでした。テレビで見るよりずっときれいでした。出で立ちは茶のコーデュロイパンツにネルシャツ、それにハンチングというラフなモノで、その分いよいよお顔の美しさがひきたっておりました…(あれから30年近くなろうとするのにファッションのディティールまで覚えているとは…)。で、お友達になるのはあきらめました。
「マサコ」というと、すぐそのときのことがリアルに頭に蘇ります…。ジャズ喫茶で女優さんを見たのも、後にも先にもそれ一回きりですし。 (ジャズとは何の関係もないつまんない話で申し訳ありません)。以上

2004.12.1 ひろなり様 しもきた
下北に住んでいたのはかれこれ30年以上前。今は板橋に居て是非久し振りに近いうちにチャリで訪れるつもりです。
なんていうかアットホ−ムな感じがしたジャズ喫茶だったような……。
組合長:今もアットホームな良い店ですよー

2004.11.16 kenimaru様 まさに私の青春そのもの・・・
もう、30年前になりますが、仲のいい友達とよく行きました。のれん(?)を潜り抜けて右側のくつろげるけど軽く破れていたように記憶しているソファーが私達の定位置でした。妙に低くて後ろにひっくりかえりそうな座り心地のそのソファーに三時間でも、四時間でも居続けました。
必ず注文するのは、あまりおいしくないコーヒーと卵がたっぷり入った卵サンド。当時はマサコさんもお元気でかわいいおサルさんを肩に乗っけていましたっけ・・・
松本英彦にサックスを習っているという大学生の男の子ともお友達になったけれど、彼、今なにしてるかな・・・

2004.6.30 燕九郎様 30年
「マサコ」は、30年という言葉が似合うのでせうか。
実は先般久しぶりに下北沢駅に降り、「マサコ」には、ほぼ30年振りに入りました。
店内が当時からどのくらい変わったか、記憶が曖昧ではっきりしませんが、雰囲気はなんら変わっていない感じで安心しました。この感覚って、年を取ったってことですね。 行っていたのは紅顔(厚顔?)の美少年と云われた大学生の時ですからね。
私、JAZZが子供の時分から好きで、大学の時はJAZZ研に属していまして、いろいろなJAZZ屋にたむろしていましたが、マサコも好きなお店のひとつでした。 その「好きな」雰囲気が損なわれず、今もお店が続いていることは嬉しいことです。

2003.12.20 M44G様 昼下がりのジャズ
先日、およそ30年振りに下北沢駅に降りました。
全くウラシマ状態になった事を思い知りました。
私の記憶に残る喫茶店がマサコであったのかどうか、定かでありません。方向が判らず、その時訪ねることは断念しました。
そのお店は通りの角(だったと思います)の平屋で、店内には薄いカーテンを通して窓から陽射しが入り込み、ほどほどの音量でブリジットフォンテーヌの「ラジオのように」が鳴っていました。レコードを聞かせる店にしては珍しく自然光のまま本が読めて、椅子もゆったりしていたように記憶しています。中央線沿線のゴリゴリのジャズ喫茶と異なり、昼下がりにふらりと立ち寄れるくつろぎが好きでした。 もう一度訪れて確かめてみたいと思います。
組合長:マサコの投稿ありがとうございました
僕は若造なのでM44Gさんが通っていたときはまだ生まれていなかったようですが、 おそらくそれほど変わらない形でお店は残っていると思います
そのころの下北沢はやはり今と同じく演劇や音楽関係の人が 多かった街なのでしょうか?
僕自身も音楽活動をやっているので、よく下北沢ではライブをやりました。
待ち時間にマサコでコーヒーをのんで、近くのビリヤードをやって・・・・・ 下北沢には思い出がたくさんあります。 今度はぜひたどり着いてくださいな。

2003.12.1 まだまだ現役 takatoh様
先日、12,3年ぶりに「マサコ」の前を通りました。
店の外にまで流れてくる音量は相変わらずで、建物の外観もそのままでした。
当時学生だった頃は「スイングジャーナル」のバックナンバーが揃っていて3.4時間粘っていた事を思い出しました。
現在では職場も近いので、また通わせてもらおうと思います。

2001.8.24 今日行ってきたのさ B192様
今日久々に、マサコに行ってきました。
2年ぶりぐらいでしたが、相変わらず何も変わらずとても落ち着きます。
一見汚い(本当に汚い処もあり)壁やあちらこちらが、愛嬌として感じられます。
JAZZ喫茶らしからぬ、女性スタッフや、お客さんがいるところもマサコらしいところでしょう。
この店のポイントはポジション(席)取りにあると思います。
スピーカー前だけは避けたい時の、そこしか空いていない時の悲しみは、他のお客さんが帰るときの、席替えまで続きます。
マサコのJAZZ喫茶を広めた(広めている)功績は素晴らしい。なごみ系JAZZ喫茶と私は思っています。 それゆえに、JAZZ(喫茶)の底辺を支え、広げてきた。これからも、応援していきたいJAZZ喫茶です。

1999.10.9 俊次:50歳
僕も30年程前によく行っていました。マサコさんのイラストが見られて大変なつかしく感じています。 当時、ウエイトレスも美人が多く、目の保養と音楽に満足して長時間ねばったことを思い出しています。 しかし音響はあまりよくなかったかな?

1998.10.18 Takayanagi Koichi様 
好きなジャズ喫茶です。 澄淳子の「ジャズ色歌謡浪漫」をリクエスト出来る店ですから。

1998.4.20 「初喫茶マサコ」 NY様
初めてジャズ喫茶なる場所に行きました。
一人で行ったんですぐには入れず、しばらくウロウロして様子を伺ってから玄関の猫に挨拶して入りました。
私は映画でも喫茶店でも一人でさっさか行かれる性格なんですが、さすがにジャズ喫茶は抵抗がありました。追い出されたらどうしようとか。 暗黙のルールみたいなものがありそうなので、おとなしく本を読んでいました。
リクエストノートがなかったんで、私が探している曲がマサコにあるかどうかは確かめられなかったんですが、居心地は良かったです。(クーラーは寒かった) その日明大前にも行ったのですが、マイルスはお休みでした。
はしごできると思ったのに残念。

1998.3.7 zseijia様 
私は30年ぐらい前に下北沢に住んでいたものですが(まさこ)にもビリヤード松山にもよく行ったものです。
東京にはjazz喫茶がまだまだたくさんあるようですが、関西にはあまりないようです。できましたら、関西でのjazz喫茶の情報があれば、おしえていただきたいと、メールしました。
京都大阪神戸あたりでjazz喫茶を、おしえていただきますか?

1998.1.24 マサコ新店舗?その真相は DAI様
gypさんのおうちの近くの「bar boogie stock」についてですが、私もその近くに住んでいます。
看板にあった「オリジナルマサコ」とは以前、そこで営業していたブティックの店名で、ジャズ喫茶のマサコとは、残念ながら関係ありません。
「bar boogie stock」は70年代のロックを中心としたショットバーです。値段も安く、気さくなお兄ちゃんがマスターですので、「昔のロックも聞くよ」という方は行かれてみては如何でしょうか。ちなみにリクエストもOKでした。
組合長 それにしてもいったいどこにある店なんでしょうかね?今度は場所の詳細求む!

1998.1.1 まだ生きてたのかーー hos様
下北沢のマサコですかーー。
なつかしい。私も学生時代に時々行きました。今から30年くらい前ですが。
たしか、マサコさんという女性がやってた店で、その人が戦前ミルクホールに勤めた後に自分で開店したと聞きました。私が行ってたころマサコさんは既に老婆でしたが、まさか今でも?? だったら100歳くらいになるんでしょうか。そ!ころ流れていた曲は比較的聞き易いものが多かったと思います。
組合長:たしかマサコさんは亡くなられたという話を聞いたような気がします。でも今でもマサコさんの愛していたお店は立派に経営されていて、JAZZ喫茶には珍しく若い女の子のウェイトレスをやとったりして沢山の若者をお客として集めることにも成功しております。がんばれマサコ!ありがとう、マサコさん!マサコよ永遠に・・・・。

1997.11.21 続、マサコ新店舗か? gyp様
  先日、マサコ新店舗か?とお便りしましたが、この間まで出されていた「オリジナルマサコ」と書かれた看板は完全に取り払われ、その店の名前は「bar boogle stock」となるようです。 この小さなお店はいよいよopenかと思われますが、マサコとの関連はあるんでしょうかね?事情通の方はぜひ投稿を!私もビリヤード松山には良く行きます、でも下北ならニューグランドの方が好きかな。

1997.11.19 マサコ新店舗か? gyp様
私の家の直ぐ側で普通の民家を改装した小さなお店を開く様子・・・・・・ 只今、内装工事中のその店の上には「オリジナル マサコ」と書かれた看板が!(現在は取り外されている)窓が開いていたので中の様子を覗いてみるとカウンターの奥には既にレコードが搬入されていました。嬉しいことに先日は私の家までその音が聴こえてきました。場所柄を考えると、ヒッソリと営業していくのでは?ヒントは小田急線・・・・・  下北沢じゃないよ。

1997.11投稿
私は都内の某4年制大学に通う3年生です。
私はJAZZが好きなんだけれどもなかなか女の人がJAZZ喫茶に入るのって勇気がいります。
そんな私が唯一入ることができたJAZZ喫茶、それがマサコです。
私がマサコに初めて入った時は結構緊張しましたが中に入ってを見てみるとかなり若そうな女性客がちらほらと椅子に座っておりました。
そして男の人も同じぐらい座っていました。
「ここならJAZZ喫茶でも大丈夫・・・」私はホッと胸をなで下ろしたのでした。

皆様の投稿お待ちしております

ページトップへ戻る

アクセス

ページトップへ戻る

メインメニュー








Copyright (C) 1997-2008 copyrights.JAZZ協同組合 All Rights Reserved.